ホルモンは、加齢とともに減少します。女性は50歳前後で閉経を迎えますが、45歳ごろからプロゲステロンが減少し始め、閉経後エストロゲンも減少します。女性ホルモンが少なくなると、甲状腺ホルモンの働きも弱まり、代謝が下がってきます。男性も、同様にテストステロンが減少します。このように減少してきたホルモンに対して、当院ではヒトと同じ化学構造式を持つ天然ホルモン(正式には、生体同一性ホルモン:Bio-identical hormoneといいます)を補充する治療を行っています。

若い女性でも、生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れ、月経不順や肌荒れなどを起こすことがあり、天然ホルモン補充を行うケースも珍しくありません。

ホルモンのレセプター(受容体)は全身にあり、ホルモンが減少することにより、脳や骨、血管、皮膚などの老化が進行します。認知症や骨粗しょう症、動脈硬化などの加齢に伴う病気はホルモンと深く関わっており、ホルモン補充療法はこれらの病気を予防する意味があります。